45歳独身男性の婚活失敗談

45歳で独身男ですが、10年前に本気で婚活したことがありました。お見合いをしたのですが、悲しい婚活失敗を経験しました。

45歳独身男の告白

僕は45歳で独身男性という世間的にはイケてない男です。

45歳にもなって独身ということで、親にも心配をかけているし自分自身も将来が不安です。

もちろん今までも結婚したい気持ちはあったのですが、15年以上を女性と交際したことがありません。

ネットなどを見ると「45歳 男性 独身」というのはよほどの変わり者か欠陥人間のように書かれています。


確かに私は、超がつくほど真面目かもしれません。

22歳で大学を卒業してから、一つの会社で地道に働いてきました。

同期入社中では出世街道からも外れてしまい、今では窓際部署で肩身の狭い思いをしています。

それでも与えられた仕事は一生懸命取り組み、自分自身で納得のいくよう仕事に取り組んでいます。

給料は、同年代と比較すると安いです。

45歳の平均年収を調べてみると2013年のDODA調べでは「616万円」となっていました。

ちなみに私の年収は「410万円」です。

平均年収よりも166万円低いのが、今の私の経済力です。

正直なところ一人暮らしであれば410万円もあれば問題なく暮らしていけます。

貯金もほんの少しですが定期預金で積み立てています。

 

低年収の男とは結婚したくない? でも、やっぱり結婚したいんです!


確かに女性から見ると経済的には不満かもしれません。

仕事も正社員といっても、窓際部署でいつリストラ対象になるかも分かりません。

そういう意味では結婚相手として選ぶべきではない物件といえるでしょう。

それでも・・・やっぱり結婚したいんです。

温かい家庭を作って、これからの人生を過ごしたいんです。

親にも孫の顔を見せてやりたいんです。

こういうこと書くと「キモい」と思われるのかもしれませんが、45歳独身男の正直な気持ちです。

会社の同僚や同級生はみんな結婚して子供もいます。

早くに結婚して子供を産んだ友達なんて「子供が大学受験で大変なんだよ」という話題を口にするぐらいです。

私が今すぐ結婚して子供を授かったとしても、子供が大学受験をするときは60歳を過ぎています。

そんなことをいろいろ考えると、「さすがに結婚して子供を作るのはもう遅いのかな・・・」と何回も諦めました。

それでも病気になった時やクリスマスやバレンタインデーの夜に1人でコンビニ弁当を食べているときは泣きそうになることがあります。

そのたびに「やっぱり結婚したい」と思うのです。

もちろん結婚したいと思うだけでは結婚できないので、今までも何回か行動に移したことがありました。

俗に言う婚活というやつです。

でも私の婚活は失敗続きでした。

▶▶▶次のページは「婚活という魔物