45歳独身男性の婚活失敗談

45歳で独身男ですが、10年前に本気で婚活したことがありました。お見合いをしたのですが、悲しい婚活失敗を経験しました。

幻となった3回目のお見合い

とりあえず一旦保留ということで仲人さんから相手に伝えてもらいました。

しかし、仲人さんからはどうして保留するのかと問いただされました。

仲人さんもこの人を逃したら「結婚相手は見つからない!」と長年の勘で思ったのでしょうね。

一応私は自分の思っていることを正直に仲人さんに伝えました。

すると仲人さんの口からは、次から次へとアドバイスが飛び出してきたんです。
 
  • あなたのことを理解してくれようとしているこんないい人は他にいないよ
  • 年齢的に考えたら他に紹介できる相手もそんなに多くないから
  • 2人ならきっとうまくいくよ

などなど、消極的になっている私の気持ちを後押しするようにたくさんのアドバイスをくれました。

それらの後押しを受けて、私自身もいろいろ考えた上でもう一度彼女と会いたいと思えるようになったのです。

仲人さんにその気持ちを伝えて、お相手に3回目のお見合いのスケジュール調整をお願いしたんです。

 

まさかの「ちょっと待った!」


すると相手からは「ちょっと会うのは待って欲しい」という答えが返ってきたそうなんです。

それを聞いた時、私は「えっ!?」と思いました。

気持ちは3回目のお見合いに向かっていたし、当然会ってもらえるものと思い込んでいたからです。


結局その3日後に「お断りの連絡があった」と仲人さんから電話で言われました。

あまり詳しくは教えてもらえませんでしたが、別にお見合いした方と交際を進めることになったようです。

私が3回目のお見合いを保留にした1週間の間で、別に進めていたお見合いが進んだみたいだったのです。

仲人さんからは

「結婚はタイミングだからねぇ~」

と言われてしまいました。


確かに仲人さんの言う通りです。

今から考えるとどうして3回目のお見合いを保留したのか自分でも分かりません。

あのまま3回目のお見合いをしていたら、ダメだったかもしれないけど交際に発展した可能性もあるわけです。

その2ヶ月後にお見合い紹介所を退会する時に、「あの人は結婚したんですか?」と聞いたら「うん」とだけ言ってくれました。

彼女は結婚できるタイミングを逃さずに結婚できたということです。

素敵なパートナーを見つけて新しい人生を歩み始めた彼女には、今となっては幸せになって欲しいと願うしかありません。

 

婚活に失敗して思うこと


そんなこんなで私の婚活は、失敗に終わってしまいました。

それ以降本格的な婚活はしていません。

あとで知ったのですが、多分「婚活疲れ」という精神状態に陥ってしまったのだと思います。

あれこれ思い悩んだり、相手からの返事に傷ついたりするのが嫌になってしまったのです。

婚活をやめてから1年が経過しようとしています。

今も「やっぱり結婚したい」と思うことはあるのですが、なかなか行動できずに時間だけが経過しています。

きっと結婚したいけれど行動できずにいる人も多いのではないかと思います。

でも婚活に失敗した先輩からのアドバイスとしては、「諦めないで続けることが大切」と言いたいです。

それは自分へのアドバイスでもあります。

そしてできれば婚活するなら相談できる人もそばにいた方が婚活疲れを回避できます。

私の場合も仲人さんがいたことで、傷が浅くてすんだのかと思います。

最近では結婚相談所を比較しやすいように教えてくれるサイト(結婚相談所の料金が違う理由はズバリ【サポート力の違い!】)もあります。

サポート力の高い結婚相談所を見つけて、紆余曲折あっても頑張れる環境で婚活してみることをオススメします。